What Will Be, Will Be

なるようになるさ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

脳神経外科定期診察  

半年ぶりの脳神経外科でした。
たろちゃんは相変わらず先生への挨拶もそこそこに処置台をテーブルがわりに
診察室内のおもちゃで遊び始めたのですが('A`;)

幼稚園のプレをどうするか悩んでるという話をしたところ
主治医「今のとこ排便排尿もできてるし普通に歩けてるから行きたかったら行くでいーんじゃない?
もちろん病名は伝えて、運動制限はあるけどね」
とのお言葉。
運動制限はどの程度なのかと思ったら
主治医「相撲とかプロレスみたいな、取っ組み合いの遊びは避けるようにしてくれたらええよ」
…お、おぉその程度か(完全にビビってる母)

そのあと先生に足の反射を調べてもらったら
膝の反射は問題なし
足首の反射は左右ともにほぼなかったのが右は見られるように
左も微弱ながら反射が出てきました。
まぁこの状態(→左右差)は以前からだったのですが
多少なり反射が出てきてちょっと嬉しい。
ただ、やっぱり反射、反応が弱いんですよね、左足…。
(先生がくすぐると右よりちょっと反応が遅れるのが見てわかる)
特に現状機能面に問題はないんですけど、今後どうなることか。
結局左足に関しては今後も要観察になりました。

まぁ、前回整形でいい感じだったからと油断してたけど、
一筋縄ではいかないよなぁ…
今後足が思うように動かなくて苦労かけたりするのかな…
とちょっとどんよりした気持ちになりかけて診察終了。
(最近マタニティブルー…じゃないけど色々ナーバスで落ち込みやすいのですorz)

診察室内にいた全ての大人が『さてこのおもちゃにへばりついた2歳児をうまいこと引き剥がして外に出さなくては』と思ったのですが
なんとたろちゃん、終わりだよ、と声をかけたら
夢中で遊んでたのにすっくと立ち上がり
何も言われてないのにおもちゃを片付け始めたのです( ゚д゚)
全員ポカーンですよ。
誰も片付けさせようなんて思ってませんでしたからねマジで。
年配の看護師さんなんて
「あらっ、お片づけしてくれるの?んまぁ~」
とか言ってましたよ、はい。

でもなんか、その姿を見た瞬間すとーんと
「あ、この子大丈夫だわ…」
と思ったんです。
その程度のこと、と思われるかもしれませんが
私にとっては雷に打たれたような感じがしました。
足や病気のことにばかり気を取られて
この子のいいところを見てやれてなかったような気がして…。
あー、もう、なるようになるしなんとでもなるわー
と本気で思いました。

将来足の事で苦労かけるかもしれません。
思春期には健康に生んでやれなかった事を責められることも覚悟してます。
でも、私はこのたろちゃんの姿に頼もしさすら覚えました。
きっとこの子なら大丈夫。
そう、思えたんです。

我が子の意外な?一面を垣間見て勇気づけられた
今回の診察でした。


あーそうそう先生。
「お母さん予定日いつ?6月?じゃあ次回(7月)は4人でになるのかな~」
って言ってたけど

6/21予定なのに7月に赤ん坊連れて受診とか絶対無理ですから!!


……つーか次回どうしよう(煩悶
(多分夫とたろちゃん2人かちくわを母に預けて3人だろうけど)

↓↓御訪問ありがとうございます、お帰りの際はよければひとつクリックお願いします。↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 2012年4月~13年3月生まれの子へ







category: 二分脊椎

tb: --   cm: --

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。