What Will Be, Will Be

なるようになるさ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

色々区別がつくらしい  

いくらエルゴが楽だと言っても布団で寝てくれないのは困るので、最近抱っこで寝かせる練習をしてるのですが

寝ない。

まぁそっくりかえって泣いて暴れて激おこぷんぷん丸ですよ。
毎回30分ほど格闘して根負けしてエルゴに入れたら3分以内に寝るんですけどね…。

ところが。
この間髪を切りに行くのに実家の母に預けて出かけたら母が
「トントンしてたらいい子にねんねしたからベビーベッドに寝かせておかーさんも昼寝したわ」
などとのたまうんですよ。しかも2時間近く。
ありえんありえん…
この年でもう相手を見てるのか。

さらに、昨日夫の実家に行ったら普通に抱っこで寝た。さらに布団でも寝た…。
お義母さんたちに
「んもーこの子ったら甘えん坊で抱っこ紐じゃないと寝ないんですよう」
とか言ってた私がアホやないかい…
というわけで、場所の違いもわかってるようです。

あとは、夫との距離感。
(物理的に)近いと泣きます。
ちゅーされたら眉間にシワをよせ、ご機嫌斜めの時に抱っこされたらさらに泣く…。
そして私が抱っこしたら泣き止むたろちゃんに泣く夫。あらまー。
夫いわく、色々試行錯誤した結果たろちゃんから50cmほど離れた位置だと笑ってくれるそうです。
それがいまの彼らの心の距離か…。

本心のところはどうなってるのかわからないけど、このように色々とたろちゃんなりの区別があるらしいのが面白いです。
スポンサーサイト

category: たろ生後3〜5ヶ月

tb: --   cm: --

赤子による家庭内暴力(TKB地獄変)  

今日はキッチンカウンターでランチタイム☆
夫からのプレゼントのダンスクのホーロー鍋からはとってもいいにおいが漂い
かわいい息子もママのランチに興味しんしん☆いつか一緒に食べようねvv

現実:
たろちゃんが抱っこ紐の中で寝てるんですけど、最近なぜか座ると起きるのでカウンターで立ち食い。
夫の会社の福利厚生でカタログギフトがもらえたので選んだダンスクのホーロー鍋で最初に作ったのはブリ大根(洋食食べると乳が詰まりやすいので)
洗い物が増えると大変なので鍋から直で残り物の大根をかっこむ。

モノは言いようですね~・・・



昨日の夜、寝かしつけの際たろちゃんがなぜか突然異様なハイテンションになり
うきゃうきゃ言いながら母の乳首を歯茎で噛み締めた上首を振るという壮絶なプレイに目覚めました。

最近特に力が強くなってきたというのになんたる仕打ち。
あまりの痛さに痛いっ!と叫んだらニヤリと笑うたろちゃん。
いやー…もうホント痛いのなんの。
3回くらい同じことされてあんまりひどかったので
しばらく添い乳やめてみてたらまぁ昼間でも滅多にないご機嫌&テンションMAX状態で、私の叫び声とたろちゃんの嬌声を心配して見にきた夫が
「BCGの副反応とかじゃないよね…」
とオロオロしてました。んなわけないでしょ…

ホントもう、キックとか引っ掻きなら耐えられるけど乳首を攻撃するのだけはやめて欲しいです…

結局たろちゃんが寝たのは普段21時前なのになんと23時半。
そのまま私も力尽きてしまい、翌朝またもや洗面所でカピカピの顔をみてため息をついたのでしたorz

category: たろ生後3〜5ヶ月

tb: --   cm: --

ハーフ顔とは  

花粉症が酷くて例年アレグラが手放せないのですが、
今年は薬を飲めないのでどうなることかと思ってたところ
散歩と買い物以外ほとんど引きこもってるのでなんとか軽症で済んでます。
・・・ええ、鼻をかんだら血が出るくらいです。

あとなぜかたろちゃんにおっぱい吸われたら鼻詰まりが通ります。謎です。



もっぱら私に似てると評判のたろちゃんが最近会う人会う人に「日本人離れしてる」とか「ハーフ顔」だとか言われて段々いい気になってきまして、夫に

わたし=たろちゃん
たろちゃん=ハーフ顔
ハーフ顔=□

□に入る値を求めなさい

と書いた紙を渡したところ鼻で笑われました。
ちなみに私自身は福原愛ちゃんに似てるとよくいわれます。
標準的和顔・・・

一度や二度なら偶然もしくは社交辞令として済ませるんですけど、ここ一ヶ月の間会った人ほぼ全員、しかもスーパーのレジで隣り合わせたおばちゃんにまでハーフ顔といわれてすっかり調子に乗ってます。
\わーい/


完全に物事が客観視できてません、親バカ上等です。

実母にその話をしたところ
「あんたも幼稚園の頃はご近所でも評判の美少女やってんけどね・・・」
と申し訳なさそうな感じで言われました。
つまりどういうことだってばよ・・・。


写真は私。どうみても日本人ですね。てか私の親も現実見えてませんね。
(大阪ではお食い初めでタコの足を吸わせますが普通こんなにがっつり吸わせません。)

category: たろ生後3〜5ヶ月

tb: --   cm: --

3ヶ月検診で疲労困憊  

たろちゃんの3ヶ月検診&BCG集団接種でした。
11月生まれの子が対象だからみんな4ヶ月になってる気がするのですが
まぁ細かいことは抜きにしまして。

初めて(生まれは)同じ月齢の赤ちゃんを見たのですが、みんなデカいしむちむち・・・
しかも首すわりは当然、寝返りをうてる子もいてさらにびっくり・・・

たろちゃんは早産児で修正月齢が1ヶ月ついてるから
周りの子より小さくても発達が遅くても当たり前なのですが
やっぱ目の当たりにすると多少怯みますね('A`;)
まぁ焦っても仕方ないし気にしても仕方ないのですが。

隣にいた女の子と見つめあったり服を引っ張りあったり手を繋いだり
彼なりに他の赤ちゃんとのコミュニケーションを楽しんでいたようです。

さてそんなたろちゃん。
体重→5800g
身長→63.5cm
でした。

当初グイグイ伸びすぎだった体重も多少増え方が落ち着いたのですが、
ちょっと落ち着きすぎな気もします…
(2/14で5360g/59.3cmだった)

身長の割に体重が低いというか、体重は修正月齢通りだけど身長は月齢通りというか・・・
と診察してくれた先生の頭を悩ませていましたが
ま、体重で見れば修正月齢通りという事で良いでしょう。
とのこと。
確かにたろちゃんはスリムなんですよね
手首に輪ゴムもはまってないし。

でも早産児にしちゃデカいですよ。
身長高いですし。
とは診てくれた先生の弁。
いやもう無事に育ってくれてるのならなんでもイイです

気になる発達面。
追視やら指しゃぶり、手遊びが上手と言われて一安心。
見てくれた保健婦さんいわく「よくしゃべる赤ちゃん」らしいです。
お、男のおしゃべりはモテんぞたろよ…

首すわりは7割程度。これも修正月齢で見れば問題ないのですが
うつ伏せ練習やってます?と聞かれたので
1日3回3分くらい…
と答えたら、
もっと増やして1回5分、泣いてもあやして続けてください
と言われてしまいました、oh…

他にもフォローアップ検診の話とかあるんですけど長くなるのでまた今度。

そのあと、BCGをぷすっと打たれて(偶然私のかかりつけの先生が担当で「あ、ども…」「おお…こんにちは」なんて微妙な会話が発生)
保健婦さんによるスパルタうつ伏せ指導が終わったら、
結構早くにきて順番も真ん中くらいだったのに最後になってました…

13時に行って17時。
たろちゃんも私も疲労困憊でフラフラになりながら帰宅して、
その晩寝かしつけながら
夕飯どころか化粧すら落とさず寝てしまい
翌朝かぴかぴになった顔を見て
あー、なんか化粧落とさず寝るとか懐かしいなぁ…
なんて思いつつ半泣きでクレンジングしましたとさ。
サッカー日本代表ヨルダン戦見逃したよorz


朝からスパルタ指導をうけるたろちゃん。正面に回ると超ぶんむくれてます…

category: たろ生後3〜5ヶ月

tb: --   cm: --

コスプレ  

ああ、ついにコスプレをさせてしまいました。

着ぐるみカバーオールを買ったんです。
赤ちゃんのうちしか着せられないですし!


オタク丸出しである

リラックマの着ぐるみカバーオールです。

いやーほら、コンビニの駐車場にたまってるギャルが着るのはアウトでも
赤ちゃんならゆるされるかなと思いまして・・・。

スタイは夫の部下女子がお祝いでくれました。
お名前刺繍入りでかわいいです
ある意味これをもらったからリラックマ着ぐるみになった部分もあり・・・

うーん、赤ちゃんの醍醐味ですね。
正直、もっと真冬にモコモコの着ぐるみを着せたかったのですが
だいたい70〜しかサイズがなく断念しました…
50,60喜んで作ってくれたらいいのになぁ。

category: たろ生後3〜5ヶ月

tb: --   cm: --

にらめっこ  

ここ三回の記事にたくさんの拍手をいただき、ありがとうございます。
しかも、ブログ村のランキング見たら葉酸の記事がサブカテどころかカテゴリでも1位になってて、
あんな私見に満ちた内容の独善的な主張が予想を遥かに超える注目を浴び、ビビりまくってます。

私はそんな真面目な人間ではないし、今日なんて「ドキドキプリキュア!」のCMアイキャッチで
主人公が赤ちゃんに哺乳瓶でミルクをあげてるけど、
それがとんでもない先吸いで見てるこっちが痛くなってくるという話を書こうとしたら
今週からアイキャッチが変わっててしまってて時期を逃したなんて考えてたくらいで・・・


これは痛い。

自分でも何が言いたいのかわかりませんが
普段はこういう残念なノリのブログです、よければ今後ともお付き合いください・・・

さて最近たろちゃんとにらめっこして遊ぶのが私の中で流行ってます。
ちなみに10戦負けなしです。
そして私に笑かされるたろちゃんがあまりにもかわいいので
動画を撮って夫に見せることにしました。
すると

夫「うわーかわいい!生で見たいからやってよ!」

いや無理!無理に決まってるだろそんなの!

だってまさか、本気の白目アイーンでたろちゃんが爆笑してるなんて言えない…
いや言ったとしてもそんな姿夫に見せるわけにはいかない…

我が子を笑わせるために女すら捨ててます。
スポンジボブのハッピーセットのCM見て
「オカンってあそこまで道化にならなあかんのか…」
とぐったりしてましたが子の笑顔のためならなんでもやりゃできるもんですねぇ。



いやーでも私ここまでできるか自信ありませんわ・・・

category: たろ生後3〜5ヶ月

tb: --   cm: --

妊娠を希望する全ての女性にお願いしたいこと  

今回の記事はあくまで私個人の意見ですし、
文中いくらか論理の破綻、感情論、暴論極論が含まれますが
生暖かく見守ってください。



妊娠を希望する女性は、是非葉酸サプリを摂取してください。



と、いうのも二分脊椎や無脳症をはじめとする神経管閉鎖障害は、
1日4mg400μgの葉酸を摂取することで予防できると言われているからです。
(記載に誤りがありました、ご指摘ありがとうございます。)

じゃあ妊娠したら葉酸サプリを飲めばいーじゃん、となりそうですが
ところがどっこいこちらをご覧ください。

神経管閉鎖障害の発症リスク低減のための妊娠可能な年齢の女性
等に対する葉酸の摂取に係る適切な情報提供の推進について


これ、厚生労働省の資料なんですけど
以下引用します。

1 摂取時期について
 先天異常の多くは妊娠直後から妊娠10週以前に発生しており、特に中枢神経系は妊娠7週未満に発生することが知られている。このため、多くの妊婦が妊娠して又は妊娠の疑いを持って産婦人科の外来に訪れてからの対応では遅いと考えられることから、多くの研究報告と諸外国の対応では、葉酸の摂取時期を少なくとも妊娠の1か月以上前から妊娠3か月までとしている。一方、妊娠が判明してからの摂取でも効果がみられたとする報告もある。


妊娠してからでは遅い、と書いてあるんですよ。
まぁ妊娠してからでも効果が見られたなんて書いてますが
私は妊娠が発覚した5wから葉酸を摂っていました。
しかし、生まれたたろちゃんは潜在性二分脊椎でした。

それはもう後悔しました。

葉酸のことを全く知らなかったわけではありませんでしたので
どうして結婚して夫婦生活がある以上妊娠を想定して葉酸を摂らなかったのかと自分を責めました。
見兼ねた夫や親に止められるほどでした。彼らだって思うところはあっただろうに。

でも、今世の中の女性の一体何割が、そのリスクをきちんと知って、葉酸を摂ってるでしょうか?
おそらく私のように妊娠前は摂ってなかった人の方が多いと思います。
特に、積極的にベビ待ちをしてなかった人は。

さて、話は戻りまして上のURLにある資料には、こうも書いてあります。

1 神経管閉鎖障害の発症は遺伝要因などを含めた多因子による複合的なものであり、その発症は葉酸摂取のみにより予防できるものではなく、一定量の葉酸の摂取により集団としての発症のリスクの低減が期待できるという性格のものであることを説明する必要があること。
 特に、既に神経管閉鎖障害の児の出産既往歴のある母親については、過度の不安を招かないよう、その発症に葉酸の摂取が寄与した可能性は必ずしも高くないことなどについて説明することが必要である。


暴論を言えば、葉酸摂取による神経管閉鎖障害予防効果の医学的根拠は薄いってことなんです。
実際今のたろちゃんの主治医は
「葉酸なんか関係ない、たまたまなる人はなる病気」
と何度もおっしゃってました。

でもですよ。

やっぱり、妊娠前から葉酸を摂っていれば、
1%、いや、0.1%でも結果は違ったのではないか
と考えるのが親というものではないでしょうか。

結局、私が葉酸を摂るようお勧めしてる理由って
赤ちゃんを病気から守るためというより
お母さん自身が後悔しないため
という意味合いの方が大きいです。

でも、でも、私のように後悔する人が1人でも減ってくれたらと本当に思うんです。
葉酸サプリだってお安いものではないですし
二分脊椎になる確率だって決して高いものではありません。

だけど、何かあった時に対策してたのとしてなかったのでは全然違うんです。

もしも私が妊娠前から葉酸サプリを飲んでいたとしたら、
今ほど悔恨の念にかられずにすんだろう
たまたまなっちゃったんだなと考えられただろうと思います。
今となっては何を言っても時間は戻らないので受け入れられましたがキツかったです・・・。

こんな思い、しなくてすむほうがいいにきまってます!
対策しないで後悔するより、した上で受け入れる方がずっと楽です。
だから妊娠したい方、2人目解禁しようかなと思ってる方
是非葉酸サプリを摂ってください。


しかし、妊娠前から葉酸摂取をって、
あまり積極的に啓発されてないような気がするのは私だけでしょうか?
探せばすぐこういう啓発に関するお知らせやなんやらは見つかりますが、
実際厚生労働省による啓発CMやポスターを見たことがありません。
アカチャンホンポとか妊婦雑誌なんかじゃ葉酸を摂りましょうってよく書いてますけど
妊娠前に目にする機会は少ないんじゃないかと思います。
だからこう、妊娠してからではなく妊娠前からというのを、
もっと声を大にして言っていくべきなんじゃないのかなーなんて思ったりします。
(私が無知なだけでもしそういう啓発がされているのであればすみません)



先日から重い!長い!読みにくい!!記事のバックスクリーン三連発でしたが
次回からはいつものノリにもどります。

category: 日常生活

tb: --   cm: --

たろちゃんの病気のこと(後編)  

さて、タイトルが変わっていますが前回の続きです。

たろちゃんの病気にショックを受け、不慣れな育児の忙しさにかまけて向きあう事から逃げてしまった軟弱者の私でしたが
日々たろちゃんと触れ合い、育児をするうちにやっと自覚したというかなんというか、
私は何をやってるんだ!という気持ちが出てきて
ようやく現実と向きあう事ができました。
育児がある程度軌道に乗り、心に余裕が出た事も大きかったと思います。

夫が取り寄せた本や様々なサイトを読み、
他の二分脊椎のお子さんを持つ人のブログを読み漁り、
人に聞いたり調べたりして二分脊椎に詳しいお医者様を探し、セカンドオピニオンを受診しました。

本には症状が出た場合の心構えが書いてありました。
ブログからは同じ病気をもつお子さん本人や、その親御さんが病気と闘いながらも
元気に暮らしている様子がうかがえ、私たちだけじゃないんだと勇気づけられました。
セカンドオピニオンでは今後の詳しい治療計画のアドバイスを受け、
MRIを見てもらい、症状がでる可能性は当初言われていた程ではないとの所見をいただきました。

調べれば調べる程、知れば知る程
大丈夫だ、がんばれると気持ちを強くすることができました。

無知こそが一番の敵でした。

そして最終的に、先日「この先生に診てもらいたい」と思える先生の病院に転院し、
現在の状態を検査していただいたところ
今のところたろちゃんに下肢、膀胱直腸ともに症状が現れている様子はなく、「無症候性と思われる」と診断されました。

二分脊椎という病気は厄介で、一度症状が出てしまうとそれが治ることはほとんどありませんので、
この診断を受けてやっとひと心地ついた気分です。

ただ、やはり脂肪腫がついたままだとこの先大きくなるにつれて脂肪腫が悪さをしたら困りますので、
予防的治療として脂肪腫を切除する手術を受けることに決めました。
この手術を受けたからって二分脊椎が治ることはありませんし、病気とは一生の付き合いになります。
でも、やらないでおいて症状が出てしまったらと思うと
しないよりしたほうがいいと判断しました。

こうするぞー!とはいったものの、本音では小さなたろちゃんが、しかも自分で判断出来ないのに
親の一存で大きな手術(全身麻酔で10時間くらいかかるそうです…)を受けることになってしまい
申し訳ない気持ちでいっぱいです。

手術を受けるリスクや、現在無症状なのに手術を受ける必要性などについて悩みましたが、
たろちゃんが大きくなった時に私たちが恥じる事なく「こういう治療をしたよ」と説明できるように、
最大限たろちゃんのためになるように考えて、決めました。

ということで、私の気持ちの整理も兼ねてつらつらと長い長い文章を書き連ねました。
最初こそ悲観して現実から目を逸らしていましたが
今はもうとことんまでやってやろうという気持ちです。
時間はかかりましたが、病気に負けないように立ち向かおうとやっと思えました。

たろちゃんと一生のお付き合いになる二分脊椎。
これから何が起こるか本当にわかりませんが(残念ながらそういう病気なんです…)
何が起きても私たちがたろちゃんの支えになれるように、将来たろちゃんがしっかりと独り立ちできるように全力で頑張ります。

この先も時折二分脊椎の話を記事にすると思いますが、そっと見守っていただけると幸いです。

やたらに長い記事にお付き合いいただき、ありがとうございました。

category: 二分脊椎

tb: --   cm: --

たろちゃんの病気のこと(前編)  

ようやくきちんとこの問題に向き合いひと段落ついて、書く気になれたので書くことにしました。

かなり長い話になりますがよろしければお付き合いください。

さて、たろちゃんは「潜在性二分脊椎」の「脊髄脂肪腫」という病気をかかえて生まれてきました。

二分脊椎という病気は簡単に言うと脊椎(背骨)の形成不全で、骨がうまく形成されず、
本来閉じているべき脊椎が開いたままになってしまっていることで
様々な症状(下肢障害、膀胱、直腸障害などなど)を引き起こす病気です。

脊髄脂肪腫というのは、形成不全が起こった部分に脂肪腫ができ、
それが脊椎の開いた箇所から中まで入りこみ、神経にくっついてる状態のものです。
脂肪腫そのものは良性なのですが、成長するにつれてこいつが神経を引っ張ってしまい、
それによって症状が出てしまうことが考えられているため、
症状の有無に限らず1歳までの間に脂肪腫を神経から切り離す手術をすることが多いです。
(理解してるつもりですが文章力が乏しいので、間違いや誤解を招くような書き方だったらすみません・・・)

前置きが長くなりました。

たろちゃんが生まれて2週間目だったか、入院していたNICUで
「腰に少しぽこっとした部分があるから、『念のため』MRIで検査しますね」
と言われ、恥ずかしながらこの時初めてこの子の腰にそんなものがあるということを知りました。
(言い訳をすると、保育器から出たばかりで我が子の背中を見る機会はありませんでした。)

その夜、脳ならともかく腰のMRIをとるのはどうしても『念のため』とは思えず、
インターネットで調べたところ潜在性二分脊椎という病気があることを知り、
症例の写真をみるとまさにたろちゃんの腰にあるぽっこりと同じものが写っていました。

それからMRI検査が終わるまでの数日のことはほとんど覚えていません。
食べたものの味もわからず、どうにか病院に通い、
心が張り裂けそうというのはこういう状態なのだと痛感しました。

MRI検査の翌日、脳神経外科の先生との面談で潜在性二分脊椎との診断が下り
「かなりの確率でおしっこやうんちが自分でできなくなります。
場合によっては自力で歩くことも難しくなりますが、
装具をつければちゃんと歩けるようになります」
と言われました。

どのくらいの確率でそうなりますか?
と聞いたら
「装具を着けることになる、導尿をすることになると思っておいてください」
と言われました。

待望の妊娠から切迫流産、切迫早産、長い入院生活の末突然の出産、
入院出産で落ちた体力も戻らぬままの病院通い、
生まれた子供は程度は軽いものの低体重出生児で心配でたまらない、
と言うところに病気の発覚、将来はほぼ確定で障害を負う、という宣告で
ついに頭が現実についていけなくなり、私は逃げました。

たろちゃんが退院してきて育児が始まったのをいいことに
私はたろちゃんのお世話に全力を注ぐから、あなたは病気のことをお願い、
と夫に丸投げしてしまいました。

夫は必死にこの病気について知ろうと頑張ってくれていましたが
私は病気を恐れ、向き合うことから逃げ、夫が取り寄せてくれた病気に関する本すら
開くことができない日々が続きました。
健康に産んでやれなかった自分をただひたすらに責め、
今でこそ普通の赤ちゃんに見えるのに、一生消えない障害をおわせてしまうことになった
たろちゃんの将来を悲観し、ずっと泣いていたように思います。

ブログを一旦やめたのもこの頃です。

かなり長くなりましたので続きは次回にさせていただきます。

category: 二分脊椎

tb: --   cm: --

あざとい。  

夫に
「サカナクションのボーカルっておすぎに似てるね」
と言われて以来苦悩の日々が続いています。
・・・否定出来ない。

たろちゃん、今日で生後4ヶ月になりました。
が、朝っぱらから予防接種を2つも打たれて乳児怒りの就寝。
泣きギレしながらお昼寝しちゃいました。す、すまん。
お陰様でこうしてブログ更新もできるわけですが・・・

最近オーボールをつかんで遊んだり、スイマーバでぷかぷか浮かんだり
いろんな遊びができるようになって来ました。
特にスイマーバは大のお気に入りで、初回から喜んで遊んでますね~。
もうちょっと早く買ってあげたら良かったかなぁ。


このほっぺたには何が詰まってるんだ一体


更に、色んな表情を見せるようになってきてすごく楽しいです。
楽しいんですけど・・・

最近、わたしや夫が

「たろちゃんはかわいいですねぇ」

と言うと笑うようになりました。

あざとい、あざといよ我が子よ・・・orz
しかし笑う姿がかわいくて何度も「かわいいかわいい」と声をかけてしまいます。
そして最後には呆れられて乳児にそっぽを向かれる父母・・・

こちらの言葉の意味をわかってるのかは謎ですが
あざとい系男子となりつつある最近のたろちゃんです。

category: たろ生後3〜5ヶ月

tb: --   cm: --

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。